銀行でも消費者金融でも、カードローンに申し込む時は収入証明書を用意しなくてはなりません。文字通り「収入を証明する書類」だということはわかりますが、具体的にどんな書類を用意しなければならないのでしょうか。

カードローンの審査で必要な収入証明書の種類

カードローンの審査で収入証明書が必要とされる理由は、申し込んだ人が貸したお金を確実に返済できるかを判断するためです。だからこそ例外なく提出を求められるわけで、自己申告ではなく収入を公的に証明するものが求められます。

銀行や消費者金融など金融業者によって指定される書類が異なることもありますが、会社勤めの人なら源泉徴収票や給与支払明細書を提出すれば間違いないでしょう。自営業者の場合、課税証明書や確定申告書が必要になります。なお、給与支払明細書の場合、金融業者によっては直近の3カ月分などまとまった量が必要になることもありますので、申し込みの前にあらかじめ確認しておきましょう。

カードローンの審査で収入証明書が必要な理由

カードローンの申し込みで収入証明書の提出が求められるのは、前述したように申し込んだ人の返済能力を判断するためですが、それだけが理由ではありません。貸金業者には、総量規制という法律で、その人の年収の3分の1を超える金額を貸し付けてはいけないという決まりがあります。公的な書類で収入証明が必要なのは、誤って制限を超える金額を貸してしまわないようにという業者の自衛のためでもあるのです。

源泉徴収票や給与支払明細書を紛失した場合

収入証明書は誰でも簡単に用意できます。会社勤めの人なら勤務先から給与支払明細書と源泉徴収票が渡されるようになっていますし、事業を営んでいれば確定申告書が手元にあるはずです。それらがあれば、基本的にはどこのカードローンでも申し込めます。

万一これらの書類を紛失してしまった場合には、代わりとして通用する公的な証明書を提出しましょう。所得証明書、納税証明書、課税証明書など市町村役場で発行してもらえる書類を用意しましょう。

これらの書類を発行してもらうには手数料がかかりますが、給与支払明細書などを再発行してもらうには勤務先にその理由を説明する必要があるので、言い訳を考えるよりハードルが低いはずです。確定申告書を紛失した場合も税務署で再発行してもらうことは可能ですが、用意しなければならないものもありますし手続きも面倒ですので、紛失しないように大切に保管してください。

このページの先頭へ